足湯マイスター事業

介護施設を成功させるためのキーワード

高齢化の進む現在の日本。日本各地どこでも介護車両が走っているのを目にするようになりました。そして、施設数が増えたことで介護施設のあり方が近年変わってきています。
高齢者をお預かりし、どんなサービスをどうやって提供するのか?介護施設それぞれの独自性を出しながら、地域に求められる存在として確立していく必要が求められています。そんな中、私たちは、施設の差別性やサービス向上、地域との交流などを実現していただくために、“足湯”をご提案しております。

私たちの提案する“足湯”とは

私たちが提案する足湯は、本格的な循環式足湯です。バケツやたらいなどの一人用の足湯ではなく、数名で入ることができる足湯です。 健康促進としての効果も大きいですが、それ以上にコミュニケーションを重要と捉え、足湯を通じての交流を最大の価値として考えています。 本格的な循環式足湯は、温浴設備のプロ集団のスパテクノ社と協力し、ろ過循環、温度調整、衛生面に優れた足湯をご提供いたします。

足湯の効果

江戸時代には温泉地には足湯があったと言われるほどに日本の文化に根付いている足湯。
【足湯=健康】という図式が既に出来あがっていますが、実際には、冷え性対策、血流循環の改善、免疫力アップ、体温アップ、リラックス効果、安眠効果などたくさんの効果があります。

介護施設に足湯があるメリット

介護施設での足湯導入のメリットは多々ありますが、主なメリットを3つのお伝えします。

足湯のメリット①

高齢者に最適な健康促進!

冷え性に悩む高齢者は65歳以上では全体の60%、75歳以上では80%に達すると言われています。真夏でも足の冷たい高齢者は多くいらっしゃいます。冷え性対策として、末端である足から体温を上げることが大事です。
また足湯は、お風呂や半身浴、リハビリ運動と比べて、より安全に行えます。そして、心臓や内臓、身体の負担が少ないため、高齢者にとっては安心できます。
高齢者にとって重要なポイントは、安心安全に継続性が高いことなので、足湯はとても友好的です。

足湯のメリット②

地域を巻き込む交流スペース!

介護は地域とは密接な関係にあり、地域の中のインフラとして重要拠点が介護施設と言えます。
足湯は昔から人を惹きつける力を持っています。地域開放の交流スペースに足湯があることで、福祉に参加するきっかけとなり、定期的なコミュニケーションができるコンテンツとして活用できます。地域社会の未来を足湯に入りながら語り合うなんて、とても素敵な光景です。

足湯のメリット③

心身の充実のサポート!

足湯に入ることで、昔行った温泉を思い出したり、心は旅気分になったりします。混浴だと喜ぶ方もいらっしゃいます。
また心身ともにリラックスできるので、心が落ち着きます。ポカポカが持続するので夜もぐっすりと寝れような安眠効果があるのは、夜間介護には嬉しいことです。

オススメの足湯

1.足湯Deジェットシリーズ

リゾートタイプ
サイズ:1650×1000(浴槽1000Φ×380H)
電源:単相 100V×1.5KW (20A単独回路)
利用人数:3~5人 (ジェット数=8か所)
本体重量:約55Kg
運転水量:約130L
標準仕様: ジェットポンプ(1.1KW)、ヒーター(1.5KW)、空焚き防止回路、高温警報回路、プログラマブルコントローラー、遠隔温度表示操作スイッチボード
車いすタイプ
サイズ:1180×1400(浴槽1180×590×400H)
電源:単相 100V×1.5KW (20A単独回路)
利用人数:2~4人 (ジェット数=2か所)
本体重量:約35Kg
運転水量:約100L
標準仕様:ジェットポンプ(1.1KW)、ヒーター(1.5KW)、空焚き防止回路、高温警報回路、プログラマブルコントローラー、遠隔温度表示操作スイッチボード
いろり(木目調・ロング)
サイズ:2900×1050×505H
電源:三相 200V×3.4KW (30A単独回路)
利用人数: 4~6人 (ジェット数=4か所)
本体重量:約200Kg
運転水量:約380L
標準仕様:ジェットポンプ(0.4KW)、ヒーター(3.0KW)、ろ過・滅菌装置、各種警報回路、自動運転制御盤内臓
木目調・標準
サイズ: 2000×1500×610H
電源: 三相 200V×2.4KW  (30A単独回路)
利用人数: 4~6人 (ジェット数=4か所)
本体重量: 約200Kg
運転水量: 約300L
標準仕様: ジェットポンプ(0.4KW)、ヒーター(2.0KW)、ろ過・滅菌装置、各種警報回路、自動運転制御盤内臓
木目調・ミニ
サイズ:1300×1050×505H
電源:単相 100V×1.4KW  (20A単独回路)
利用人数: 2~4人 (ジェット数=2か所)
本体重量: 約120Kg
運転水量: 約130L
標準仕様: ジェットポンプ(0.4KW)、ヒーター(1.0KW)、ろ過・滅菌装置、各種警報回路、自動運転制御盤内臓
木目調・ミニダブル
サイズ: 1300×2770×505H
電源: 単相 100V×2.8KW  (20A単独回路)
利用人数: 6~8人 (ジェット数=4か所)
本体重量: 約270Kg
運転水量: 約260L
標準仕様: ジェットポンプ(0.4KW×2台)ヒーター(1.0KW×2基)、ろ過・滅菌装置、各種警報回路、自動運転制御盤内臓
だんらん(木製タイプ)
 
サイズ: 3646×1600×506H
浴槽内寸:2840×800×400H)
電源:三相 200V×8.4KW 
利用人数:8~12人
浴槽重量: 約80Kg(機械部別)
運転水量: 約680L
標準仕様: ジェットポンプ(0.4KW)、ヒーター( 8.0KW)、ろ過・滅菌装置、各種警報回路、自動運転制御盤内臓
特注タイプ
  • お客様の施設だけのオリジナル足湯を作れます。
    ご希望をお聞かせください!

2.玉川温泉足温浴器

水の使わない岩盤浴タイプの足湯もご用意しております。靴下のまま入ることができます。
湯治・玉川温泉の湯の花から精製した人工北投石である玉川温泉湯の花セラミックボールを使用した最高レベルの足温浴器です。

※1人掛け〜3人掛けの3パターンがございます。

詳細はコチラ

3.炭酸泉足湯

足湯を話題の炭酸泉にすることで更に効果的な足湯を実現できます。

【炭酸泉の効果】

炭酸泉入浴は、自然界にある炭酸を使い、自然治癒力に着目しているため身体に優しく安全にできる健康法です。炭酸を体内に取り込むことで血管拡張作用をもたらします。炭酸が末梢血管まで拡張させ、血流を飛躍的に増加させます。
血液中の炭酸(=二酸化炭素)量が増えることで、身体が酸素を必要だと認識し、酸素をもった血液を供給するためだとも言われています。血流促進によって、人体の各組織に酸素や栄養を届け、組織から排泄された炭酸や老廃物を運び去り除去する効果が更にアップします。ボーア効果などにより届けられた栄養や酸素はエネルギーを作り出す源となり、新陳代謝が高まります。そして、老廃物を身体からしっかり除去してくれます。血流を促進することで得られる効果は健康面においては非常に絶大です。

足湯ギャラリー

お問い合わせはこちらから

PAGE TOP